堺、泉大津、高石、和泉、岸和田、貝塚、泉佐野等、地元密着にて営業中です。 車検、整備、板金、塗装、各種保険、中古車売買など中古車の事でお困りなら、何なりとお申し付け下さい。

買取と下取の違い

下取りとは

まず、下取りとは車を買い換える時に、車を購入する販売店に今乗っている車を売って、購入する車の代金の一部に充てることを下取りといいます。昔から車を購入する際もっとも一般的な方法です、現在においても、下取りは一般的です。

査定方法は各社で多少違いますが、下取りの基本価格というものが決まっており、車両を細かく査定し、傷などがあった場合基本価格より、減点していき最終金額を決めています。

下取りのメリットとしては、車を購入する販売店で下取り車両の名義変更などの手続きも一緒にでき、手間がかからないというところです。

また、購入する車の納車と同時に引き渡せることで、代車を借りたり納車を急かしたりしなくていいというところです。

買取りとは

次に買取とは主に中古車買取専門店や中古販売業者などに、今乗っている車を売り車両を現金化することを言います。

車両を現金化することにより、そのお金を基に次のお車を買うか、別のものを購入する資金にするかをご自身で選べる点も買取のメリットだと思います。

買取り価格は、車両の年式、色、グレード、傷、等を査定したうえで、中古車業者間のオークション相場を調べ価格を割り出しています。

なので時期やタイミングにより多少価格が変動することはありますが、下取りに比べ高い価格が付くところが買取りのメリットと言えます。
ほとんどの場合、下取り車よりも買取のほうが高額な査定価格を提示される事のほうが多いのが現状です。

その理由として、買取業者や中古車販売店では、買取った車を現金化するまでの流通経路を確立してるので買取りした車両を販売するすべを持っている事が大きな要因だと言えます。

結論

ここまでを見てみると買取の方がお得感があるように思いますが、買取のみの場合だと、買取したお車を売らないといけないので多少低めから入る場合もあります、逆に下取り車の場合は新しく購入が決定している事が前提でのお引き取りなので、車両によっては、買取のみの場合より金額を出せるケースもあります、また買取の場合相場は変動しているので時期を逃すと安くなってしまうことがるので、一概にはどちらがお得とはひとことで言えません。
もし、今お乗りのお車を手放そうと思い立った際は是非、アイエスオートへご連絡頂ければ、お客様とご一緒に一番最適な売却方法を考えさせて頂きます。

出張高価買取実施中です。 TEL 0725-24-0108 スマホなら↑タッチしてコール

PAGETOP