最近お聞きすることが増えた「新古車」という言葉。
新古車という言葉は非常に曖昧で、正式には「未使用車」と呼びます。

実際、車は新車か中古車の二つしかありません。

新車か中古車かの定義は、一度でも登録されたか、されていないかで決まります。
もし、一度でも登録されていたら、それは中古車になります。
皆様が良くお聞きする、未使用車というものは、登録は済ましているが乗っていないという車です。
よって、定義上では中古車になるのです。
しかし、登録はしているものの未使用で車屋さんにあるので、車の状態は新車とほとんど同じで値段も少し安いという事で、現在人気急上昇中となっております。
軽自動車の未使用車が非常に多い理由は、軽自動車は比較的手軽に登録ができ、維持も安価で出来るので、車屋さんが在庫として持っておくケースが多いです。
ここで、未使用車について一点注意して頂きたいことは、車検日です。
車検は登録された時点で徐々に少なくなっていきます。

新車と未使用車の大きな違いはここです。

新車は登録がされていないので、三年間完全に車検が残っています。
しかし、未使用車では登録した日が一年前でしたら、車検は2年だけになります。
こういった所を注意するのもポイントです。
新車、未使用車、中古車、人それぞれ考えは違うと思います。
これらの違いをきちんと把握さえしておれば、ご自分が求めている状態のお車を購入できるかもしれないですね。

この記事を書いた人

中山 博満WEB担当Twitter:@isautonakayama
アイエスオートのHP作成や更新を担当。
自社内のDMハガキ、名刺、その他レイアウトなどのデザイン
在庫車両等の写真撮影など行っています。

歴史好き(江戸、明治、三国志近辺)
読書大好きです。
人見知りです。