新車が半額で乗れるワンナップシステムのオニキスに当店は加盟しております。

オニキス本部から、定期的に有り難いことに業界情報ニュース等を配信して下さります。

毎回チェックさせて頂いており、今回の業界情報ニュースが私自身気になり、周りに居て下さる方々にシェアしたいと思い、分かる範囲で調べましたので、お手すきの時でもお読みくださいね。

日本損害保険協会様は毎年盗難に関する調査及び盗難に対しての注意喚起の呼びかけを行っています。
2014年度11月度の調査が発表されました。
※今回の記事は日本損害保険協会様のデータを元に構成しています。

盗難が行われる場所の7割が屋外駐車場

自宅や職場の屋外駐車場、いわゆる長時間止めておく可能性が高い所を狙われるとの事です。

コンビニやスーパーなどでも盗難は行われております。

また、いまや、盗難は2分に1台盗まれているとのことです・・・

  • 少しでも車から離れる場合はキーロックを必ずするようにしましょう!
  • 運転席や助手席には、カバンなどの貴重品を置かないようにしましょう。

盗難が多い都道府県別のデータ

  1. 愛知県
  2. 大阪府
  3. 千葉県
  4. 神奈川県
  5. 茨城県
  6. 埼玉県
  7. 京都府
  8. 栃木県
  9. 東京都
  10. 三重県

※今回参考にしたデータの調査日数は30日間の調査データです。
調査期間だけ盗難が集中し、ランキング的に上位になった。
と言うことも十分に考えられますが、まず1位から順番に見ていきましょう。

愛知県ですね。
車の都市、愛知県が一位です。
盗難車が多い車種別ランキングでも紹介しますが、トヨタの車種がレクサスを含めば、7車種入っており、もうダントツでトヨタの車種が狙われています。
その理由も推測しましたので、後から記述します。

トヨタの本拠地はいわずもがな愛知県豊田市です。
こういった情報も加味され狙われているのかもしれないですね。

2位は当店が御座います。
大阪府です。
大阪は毎年ランクインされ上位に君臨する事が多いです。

違う県に長期間住んだ事がないので、比較は出来かねますが、大阪府は盗難が多いと今回、調べた事により判明しました。

3.4.5.6位と関東地域がランクインです。
関東といえば東京ですが、東京は9位に位置しており、人口の割りに、以外と少ないと感じました。

関東の中で、一番が盗難が多い地域は千葉県と言う結果になりました。

東京か神奈川と安易に予想をしていたので、少し驚きでした。

盗難が多い車種別ランキング

一番気になるのが、やはりここだと思います。

順番にいきましょう!

1位プリウス
ずっとハイエースが1位だったのですが、去年に来て、プリウスが1位になりました。
市場での流通量の多さが今回の原因としてあげられています。

2位はハイエース
7年連続1位から、2位に減少。
車両台数も確実に前年度を比較すれば、減っています。
この減少の要因としてはイモビライザーが全車種に標準装備となった事があげられていますね。

3位はランドクルーザー
貿易で流通が盛んな車種が、やはり上位に入ってきます。
ランドクルーザーも上記と同様に貿易での流通量が多い車両になります。
ずっとランクインされている車種ですね。

4位はアクア
前年度が20位だったアクアがここに来て急上昇しています。
こちらも、上記同様貿易が理由だと思われます。

5位セルシオ
6位クラウン

ここまででご覧の通り、全部トヨタの車種です!

海外では長く壊れにくく乗れる車両のニーズが大半であり、日本のメーカーの車両は高価で取引きされます。
メイドインジャパン
USEDinJAPAN

両方のワードは最近では良く聞かれますが、車に関しては日本車は海外ではやはりポピュラーだと決定付けるデータかと思います。

今期のディーラーの決算情報が今月発表され、最大利益更新など話題になりました。

その要因の一つとなった、円安ですね。

円安効果が非常に高く、日本から海外へ!の流れが強調されています。

いわずもがな、盗難の恐れが今後も増加傾向にあると思います。

大事な愛車を守ると言うことを念頭に置き、イモビライザー設置や人の動きで照明がつくセンサーライトの設置も過度の対策ではなくなりつつあります。

随時調べて、追記して参ります。

お読みくださり有難う御座いました。

この記事を書いた人

中山 博満WEB担当Twitter:@isautonakayama
アイエスオートのHP作成や更新を担当。
自社内のDMハガキ、名刺、その他レイアウトなどのデザイン
在庫車両等の写真撮影など行っています。

歴史好き(江戸、明治、三国志近辺)
読書大好きです。
人見知りです。