move_top

「冬タイヤ」の使い分け、できていますか?

どーも、こんにちは!アイエスオートです☆

冬になると、路面の凍結や、地域によっては積雪もあったりと運転の危険が増えますよね。
みなさんご存知の方も多いと思いますが、そのような道路を走る時はスタッドレスタイヤ、いわゆる「冬タイヤ」を使用すれば安全度がグッと上がります!!
それはなんとなくわかるけど、なにが違って、どう安全なの?の素朴な疑問についてまとめてみました。

☆特徴☆

1.溝が深い
2.溝の切れ目が細かい
3.ゴムが柔らかい
スタッドレスタイヤは雪道や凍結した道路でもスリップしないように、ノーマルタイヤに比べて溝が深く、サイプと呼ばれる細かく浅い切れ目(溝)がたくさんあります。また気温が低くても、しなやかさを失わない柔らかい素材のゴムを使用していることで、路面との接着面積が増え、より路面にがっちり噛んでグリップ力を発揮します。見た目はゴツゴツした印象でタイヤの側面に「STUDLESS」の表示があるので見分けはつきやすいです。

★気を付けたいポイント★

冬タイヤにしたけど、またタイヤを替えるのが面倒くさい!!と夏になってもそのまま使っている方、要注意です!!
スタッドレスタイヤは凍結路面や雪道に性能を発揮しますが、反対に熱には強くありません。真夏の道路走行や直射日光によってタイヤに熱を持ってしまうと、ゴムのすり減りや亀裂を加速させ、走行中バーストする可能性が高まるなど大変危険です。また、摩擦力の高さから燃費が悪くなるのもデメリットです。事故等を避ける為にも、スタッドレスタイヤはあくまでも「冬タイヤ」として使用し、冬が過ぎればノーマルタイヤに履き替えましょう☆

タイヤを買いたい!替えたい!!と思っているお客様、是非アイエスオートまでお越し下さい☆

大阪の泉州・泉大津で中古車販売・購入はお任せ!!
新車・中古車販売・買取・査定・車検・修理・板金・塗装・ロードサービス・洗車・コーティング
レンタカー・レンタルバイク・部品ネット販売(ヤフー・楽天ショッピング)
自動車保険・火災保険・生命保険(東京海上日動代理店)
車のことならアイエスオートにご相談下さい!!