move_top

自動運転システムに注目

どーも、こんにちは!アイエスオートです☆

みなさんは自動運転システムを体験したことはありますか?

各車メーカーが自動運転システムを搭載した車を次々と打ち出していますが、まだ全てが自動運転に頼ることはできないレベルです。自動運転は危ない!というイメージを持たれている方も多いと思いますが、自動運転システムはどんどん進化しており楽しみな分野の一つですので現状と今後についてまとめてみました。

 

 

自動運転システムの現状

自動運転システムは、アメリカの自動車技術者協会がレベル0~5までの6段階に分けて評価しており、レベル5になると全ての運転操作が自動になるといわれています。現在、国内で販売されている自動運転システムを搭載した車は、6段階の基準に当てはめた場合では最高がレベル2の車となっています。レベル2は、自動運転システムがブレーキもしくはアクセルに対してハンドル操作を同時に行えるレベルです。ですので、まだ運転の主体はドライバーが操作する必要がある段階といえます。

 

自動運転システムの今後

国土交通省は、「高速道路といった一定の条件のもとであればレベル3を認める」と発表しました。レベル3は、一定の条件のもとで運転を自動化するもので、緊急時にシステムからドライバーに対して運転操作を要請した場合には、人間がハンドル操作を行わなければならないレベルです。

そんな中、2020年の夏にホンダが高速道路の渋滞時に自動運転ができるシステムを組み込んだレベル3の自動運転システム搭載車が発表できると一部報道されました。まだ、レベル3が認可された後、一般的な高速道路を走行できる自動運転システム車が必ず導入されるかどうかは、現段階で明確な答えが出ていませんが、2020年は自動運転システムにおいて飛躍的な1年になると思います。

技術の進歩により全自動運転が一般的に体験できる未来もそう遠くないかもしれませんね。

 


大阪の泉州・泉大津で中古車販売・購入はお任せ!!
新車・中古車販売・買取・査定・車検・修理・板金・塗装・ロードサービス・洗車・コーティング
レンタカー・レンタルバイク・部品ネット販売(ヤフー・楽天ショッピング)
自動車保険・火災保険・生命保険(東京海上日動代理店)
車のことならアイエスオートにご相談下さい!