move_top

自動車の歴史

こんにちは、アイエスオートです☆

今日は、車の歴史についてご紹介します。

自動車の誕生

自動車のはじまりは、蒸気の力で走る「蒸気自動車」が起源と言われています。蒸気自動車が生まれたのは1769年頃のことです。フランスのニコラ・ジョセフ・キュニョー将校が発明し、この初めての自動車は、かなり大きくて重たい車体になっていたようで、スピードは時速5㎞から10㎞以下というものでした。そのため、かなり操縦性が悪い車だったそうです。

ガソリン自動車の誕生

蒸気自動車の登場から約100年後の1886年に「ガソリン自動車」の第1号が誕生しました。世界で初めてガソリン車を開発したのは、現在でも高級車メーカーとして有名なベンツです。通称ベンツ1号であり、現在まで続くベンツの歴史を支えている、重要な車と言えますね。

自動車の量産化

1908年にはアメリカのフォード社が初めて、流れ生産方式で自動車の量産を行いました。それまで自動車は一部のお金持ちの乗り物でしたが、流れ作業で多くの自動車を生産することができるようになったため、大衆化と普及を一気に進めることができました。

日本の自動車のはじまり

日本では、1907年にオートモービル商会が国産第1号のガソリン自動車を製作しました。当時、この車はガタクリ、ガタクリ走ることから「タクリー号」と呼ばれ人々から親しまれました。

歴史を振り返ると約250年かけて今の自動車の形ができているんですね。当たり前のように車が身近にある世の中ですが、先人たちの並々ならぬ苦労があったことを知ると感謝の念がこみ上げてきます。


大阪の泉州・泉大津で中古車販売・購入はお任せ!!
新車・中古車販売・買取・査定・車検・修理・板金・塗装・ロードサービス・洗車・コーティング
レンタカー・レンタルバイク・部品ネット販売(ヤフー・楽天ショッピング)
自動車保険・火災保険・生命保険(東京海上日動代理店)
車のことならアイエスオートにご相談下さい!!

キーパーコーティング

楽天

東京海上日動

東京海上日動あんしん生命

オリコオートリース

スマークホーム

二輪処

泉州 泉大津自動車販売

Facebook